• 印刷する

本年度の再エネ追加容量、最大8GW

インドの格付け会社ICRAは、本年度(2020年4月1日~21年3月31日)に再生可能エネルギーの発電設備容量が最大8ギガワット(GW、1GW=100万キロワット)増えると予測する。業界が新型コロナウイルスの影響から脱却し、10月以降に再生可能エネルギー事業の実施が進むと期待されるため。ファイナンシャル・エクスプレス(電子版)が伝えた。

ICRAによると、本年度上半期(20年4~9月)は新型コロナの影響で導入が鈍化した。一方で10月以降はサプライチェーン(部品の調達・供給網)の課題が緩和し、事業の実施が回復する見通し。容量の増加は特に、政府が強く後押しし、料金の面でも競争力がある太陽光発電がけん引するという。

中央政府や州政府が授与した事業の数から、来年度の追加容量は最大12GWになると予想している。


関連国・地域: インド
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

3方面からデジタル化推進、緯創董事長(01/15)

ワクチン接種は教師などを優先に=人権委(01/15)

スパイスヘルス、変異種特定で空港に解析所(01/15)

20年車販売は23%減の294万台 コロナ打撃、2年連続で前年割れ(01/15)

12月の二輪販売は7%増、5カ月連続プラス(01/15)

車業界、鉄鋼不足で1~3月は最大2割減産も(01/15)

マヒンドラの北米子会社、従業員の半数を削減(01/15)

メルセデス、21年は15モデルの発売を計画 (01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン