税関協力協定を来年締結へ、成長の三角地帯

「インドネシア・マレーシア・タイ成長の三角地帯(IMT-GT)」を構成する3カ国政府は、税関、入国管理、検疫の3分野での協力枠組みに関する交渉を妥結した。来年の協定締結を目指すとしている。国営アンタラ通信が27日伝えた。 26日にオンラインで開催されたIMT-GT…

関連国・地域: タイマレーシアインドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアでも先週か…(01/20)

キャラ活用、アジアに普及へ クオン、「世界観づくり」支援も(01/20)

関税免除、執行率16%どまり 製造業33分野の支援、条件厳しく(01/20)

雇用創出法の政令案3本、今週にも策定完了(01/20)

大企業と零細業者の連携促進、投資調整庁(01/20)

トヨタ、自動車の定額利用サービスを開始(01/20)

首都議会、知事に行動規制の厳格化要請(01/20)

首都のコロナ病院、隔離病床使用率87%に(01/20)

シー、インドネシアでデジタル銀行計画(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン