ガソリン車販売、35年までに停止検討へ

韓国大統領直属の国家気候環境会議は23日、ガソリン車の販売を早ければ2035年以降禁止し、石炭火力発電所の運転を40年までに停止する内容を骨子とした「中長期気候環境対策」を政府に提言した。毎日経済新聞などが伝えた。 国家気候環境会議は、大気汚染物質の排出量が多いディー…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者346人、死者数は12人増(01/22)

住友商事、ペットケア事業で韓国企業と提携(01/22)

越のビンG、LGスマホ工場の買収検討か(01/22)

【揺れるサムスン】曲がり角を迎えた同族経営 サムスントップ実刑の衝撃(下)(01/22)

【韓流新時代】越の韓国語教育、需要拡大か アイドル活用、韓国企業も人気増(01/22)

コロナ感染者401人、死者数は16人増(01/22)

SKイノ、中国のEV電池交換業者に出資(01/22)

現代自会長、シンガポールのR&D建設視察へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン