【税最前線】一時帰国が183日を超える駐在者の課税関係

第35回 新型コロナウイルス感染症(COVID19)パンデミックの影響で、日本に一時帰国中の駐在者の日本における滞在期間が183日を超える場合の国際的課税関係が論点となっています。 通常は駐在者の日本への一時帰国期間が183日を超えた長期的なものになることは考えられず…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EUがWTOにパネル要請、ニッケル禁輸で(01/15)

デンソーとGMSが実証事業 小規模事業者向けの小口冷凍輸送(01/15)

パナソニック、グラブ車両に空気清浄機提供(01/15)

新規感染者1万1557人、2日連続で最多更新(01/15)

産業相の製造業成長率予測、専門家は疑問視(01/15)

完成車輸入、20年は25%減の10.5万台(01/15)

ワクチンで経済正常化、専門家は慎重な見方(01/15)

バリ空港の年末年始利用客数、前年比83%減(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン