• 印刷する

7~9月期のGDP、改定値は5.8%減

シンガポール貿易産業省は23日、2020年7~9月期の国内総生産(GDP、改定値)が、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比5.8%減だったと発表した。経済・社会活動の制限が段階的に緩和されたほか、海外主要国経済の回復を背景に、過去最低水準を記録していた4~6月期の13.3%減からやや回復した。

10月半ばに発表した推定値の7.0減から1.2ポイント上方修正した。前期比(年率換算、季節調整済み)では9.2%増となり、4~6月期の13.2%減から持ち直した。

業種別では、製造業が前年同期比で10.0%増となり、4~6月期の0.8%減からプラス転換した。前期比では12.1%増だった。世界的な半導体の需要増を受けて、特に電子と精密エンジニアリングが伸長した。

サービス業は前年同期比8.4%減と、3四半期連続のマイナスを記録。ただ4~6月期の13.4%減から、下げ幅は縮小した。宿泊・飲食サービスは24.0%減と引き続き低迷したが、前期の41.8%減からは減少幅が縮小した。

建設業は46.6%減と大幅に落ち込んだ。4~6月期は6割減だった。公共・民間部門の両方で、建設作業が遅れていることが影響した。

貿易産業省は同日、20年通年のGDP成長率の予測レンジをマイナス6.5%~同6.0%とみていることも明らかにした。8月に公表したマイナス7.0%~同5.0%から、最大値は引き下げた一方、最小値は引き上げた。21年通年については、プラス4.0~同6.0%と見込んでいる。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナ一色に染まっ…(01/21)

ワトソンズが東南アEC強化 グラブと提携、業界に一定の影響(01/21)

設備投資が12年ぶり高水準、コロナ禍も好調(01/21)

業界団体と商工会、公正な雇用慣行実現で協力(01/21)

米社が特別会社設立計画、東南ア企業買収へ(01/21)

東南アジアの訪日客、20年はコロナで82%減(01/21)

豪首相、今年中の海外旅行再開に意欲(01/21)

富士通アジア、就労時間の最大9割在宅可能に(01/21)

電力SP、重慶エネルギー会社の株式取得(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン