比のインフラに中国浸透、通信参入で警戒感

【マニラ共同】フィリピンの重要インフラ事業に中国企業が浸透している。中国国有大手の関連企業がフィリピン軍の施設内に基地局を設置する許可を取得し、米国が制裁対象とした中国企業も空港の拡張工事に参画するなど関与を増大。南シナ海で領有権を争う中国がインフラに関わるこ…

関連国・地域: 日本
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

台湾初のネット銀行、年内に試験営業開始へ(13:22)

新幹線方式の高速鉄道、開業は最短で24年か(11/27)

【肖像】バイオ・美容から防疫事業へ 葛莱美国際健康の陳金徳董事長(11/30)

岩谷、QLD州で水素生産計画 「グリーン水素を日本に」(11/30)

トヨタがEVを国内初投入へ レクサスSUV、来年3月に納車(11/30)

【書籍ランキング】11月12日~11月18日(11/30)

ブランド買い取り業に手応え なんぼや、近く2号店開業(11/30)

日中のビジネス往来きょう再開 日本からの短期入国、隔離免除(11/30)

川重、豪オリジンのQLD水素輸出に参画か(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン