RCEPに署名、優遇措置で経済成長に期待

ミャンマーは15日、日本や中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)などが参加する地域的な包括的経済連携(RCEP)に署名した。後発開発途上国には優遇措置が適用され、ミャンマーでは投資誘致や貿易拡大の促進、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた経済の回復などが期待…

関連国・地域: 中国韓国ミャンマーオセアニア日本ASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

上場株の売買代金、6%減 外国人に開放もコロナ禍で低調(01/21)

タイ系LNG発電所と電力供給契約を締結(01/21)

中国主導の繊維工業団地、ザガインに建設へ(01/21)

4日連続で新規感染が500人未満=19日夜(01/21)

Thaco、20年は車両1400台輸出(01/21)

縫製労働者向け支援基金、EUが追加拠出(01/21)

「模倣品と知らず購入」が半数、JICA調査(01/21)

道路局、20日からバイクの登録業務を再開(01/21)

与党、第2次政権の人事を24日に協議(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン