禁酒法案が再審議入り、与野党の一部が要求

インドネシア国会では、イスラム政党や与党連合のグリンドラ党など3党の要求により、禁酒法案が再び審議入りする。同法案は2015年に一度国会で審議入りしたが、観光の中心地であるバリ州やキリスト教徒住民の多い東部地域からの反発を受けて廃案となっていた。ジャカルタ・グロー…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

リモート研修はコロナ後も、VR活用の体験会(16:16)

シンガポールへの電力輸出を中止、国営電力(17:02)

インドネシアのパーム油輸出再開、影響軽微(18:39)

テイクオフ:マスクの着用義務を緩和…(05/23)

洋菓子の新業態店がハノイに 麦の穂、5年で海外300店目標(05/23)

【この人に聞く】ペットボトル回収業を収益化 新興企業、全方位の循環経済へ(05/23)

パーム油、輸出再開で国内供給義務を再導入(05/23)

入国上限2万人に、世界の8割が検査免除(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン