外資系、現地人材採用に苦慮 今後は育成・離職防止が焦点

シンガポールで操業する外資系企業が現地人材の採用に苦慮している。欧米の在シンガポール商工会議所がこのほど公表した調査結果によると、求職者の技術的なスキル不足や、待遇への過度な期待などが主な課題として挙がっている。就労ビザ取得条件の厳格化で外国人を雇用することが…

関連国・地域: シンガポール日本米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車電機食品・飲料マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナ一色に染まっ…(01/21)

ワトソンズが東南アEC強化 グラブと提携、業界に一定の影響(01/21)

設備投資が12年ぶり高水準、コロナ禍も好調(01/21)

業界団体と商工会、公正な雇用慣行実現で協力(01/21)

米社が特別会社設立計画、東南ア企業買収へ(01/21)

東南アジアの訪日客、20年はコロナで82%減(01/21)

豪首相、今年中の海外旅行再開に意欲(01/21)

富士通アジア、就労時間の最大9割在宅可能に(01/21)

電力SP、重慶エネルギー会社の株式取得(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン