チャット高が進行、輸出業に懸念広がる

対米ドルでミャンマーチャット高が続く中、ミャンマーでは輸出業者が懸念を強めている。ミャンマー・タイムズ(電子版)が4日伝えた。 4日のミャンマー中央銀行の参考レートは1米ドル(約104円)=1,286.2チャットとなり、前日比で1.6チャットのチャット安だった。このところ1…

関連国・地域: ミャンマー米国
関連業種: 農林・水産金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

週明けからワクチン接種開始、22日到着(13:49)

NLD、第2次政権の主要人事リストを作成(13:27)

新型コロナの死者3000人超に=21日夜(12:49)

11月の対日輸出は45%減 衣類荷動き鈍く、出口見えず(01/22)

〔寄り道〕政府が連日発表する新型コロナウイルスの…(01/22)

20年の外国人観光客、コロナ影響で75%減(01/22)

新規のコロナ感染確認、478人=20日夜(01/22)

マンダレーの農産取引所、4カ月ぶり再開(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン