• 印刷する

《日系進出》京セラドキュメント、販社設立

複合機やプリンター、アプリケーションソフトウエアなどの製造・販売を手掛ける京セラドキュメントソリューションズ(大阪市中央区)は3日、マレーシアに設立した販売会社が2日に事業を開始したと明らかにした。オフィス機器の販売体制強化に加え、需要拡大が見込まれる企業コンテンツ管理(ECM)サービスの拡充を目指す。日本と中国を除くアジア地域で8カ所目の拠点となる。

マレーシアでのパートナーであるジスナ・マレーシアの事業を取得し、新会社の京セラドキュメントソリューションズマレーシアを設立した。新会社はスランゴール州スバンジャヤに本拠を置く。事業の取得額は非公表としている。

京セラドキュメントのアジア統括本社(日本、中国を除く)である、香港の京セラドキュメントソリューションズアジアの広報担当者はNNAに対し、「ジスナはコピー機やプリンターなどのオフィス機器の販売とメンテナンスサービスをBtoB(企業間取引)で手掛けており、これに関連した新領域としてECMやICT(情報通信技術)サービスの展開を推進していく」と説明した。

ECMとは、企業が保有するビジネス文書やファイル、電子メール、紙の情報などのコンテンツを包括的に管理する仕組みで、具体的には紙で処理してきた経理業務を電子化できたり、データの大量保存、個人情報保護の観点から電子メールの情報漏えいを防いだりするのに役立つ。

同広報担当者によると、ジスナとは2000年にオフィス機器の販売・メンテナンスでパートナー契約を締結した。京セラドキュメントソリューションズアジアは、マレーシア、シンガポール、タイ、インド、韓国などの計8拠点を統括する。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 電機金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

ソニーがペナン工場閉鎖へ、来年9月末めど(12/04)

集客力は一等地から生活圏へ コロナで変化、ジェトロセミナー(12/04)

新規感染1075人、ス州459人で最多(12/04)

RM1=25.6円、$1=4.07RM(3日)(12/04)

長期滞在希望先、マレーシアが14年連続首位(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

国民車好調、11月販売は2社そろって2桁増(12/04)

2国間高速鉄道、凍結期限前に両国首相会談(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン