【コロナ後の新常態】「世界の工場」の対策(下) 今春を教訓に次の流行へ備え

新型コロナウイルスの全国範囲での感染状況は落ち着きを見せ、中国南部の珠江デルタ地域に進出する日系企業の経営も正常に向かいつつある。ただ今冬以降、次の大規模流行の発生に向けて気を緩めることができない状況だ。各社はコロナ対策を常態化しつつ、今春の経験を教訓に備えを…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 電機食品・飲料医療・医薬品その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「レジ袋? もう販売し…(01/18)

ボケオ県の一部、中国人コロナ感染で再封鎖(01/18)

中国の投資白書、カンボジア支援を報告(01/18)

越、東南アの最有望国を維持=JBIC調査(01/18)

20年旅客数、36年ぶり少なさ 業界、本土との往来再開熱望(01/18)

宅配便取扱量、20年は833億件 31%増、コロナ・EC普及で拡大(01/18)

「春運」の鉄道切符予約、例年に比べ6割減(01/18)

中国がワクチン提供表明、比中外相会談(01/18)

米、小米など9社に投資禁止(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン