【コロナ後の新常態】「世界の工場」の対策(下) 今春を教訓に次の流行へ備え

新型コロナウイルスの全国範囲での感染状況は落ち着きを見せ、中国南部の珠江デルタ地域に進出する日系企業の経営も正常に向かいつつある。ただ今冬以降、次の大規模流行の発生に向けて気を緩めることができない状況だ。各社はコロナ対策を常態化しつつ、今春の経験を教訓に備えを…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 電機食品・飲料医療・医薬品その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

5月の「消費促進月」、消費額は4.8兆元(06/11)

配車アプリ滴滴、米上場へ目論見書提出(06/11)

トヨタ工場35年にCO2ゼロ、全世界(06/14)

米がカンボジア基地視察、中国利用疑いで(06/14)

中国ハイセンス、2年以内にテレビ工場設置(06/14)

中国新車販売14カ月ぶり減、5月(06/14)

国鉄の南長距離事業、設計入札など開始(06/14)

政府が中国をWTO提訴、ステンレス製品関税で(06/14)

中国系縫製工場で爆発、エヤワディ(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン