《労使》香港の21年予定昇給率1.7%、大湾区報酬調査

香港バプテスト大学人的資源戦略・開発研究センターが28日に発表した「2020粤港澳大湾区報酬・福利調査」で、来年度の香港の予定昇給率は1.7~1.8%となった。調査実施機関の一つ香港人材管理協会(HKPMA)は、新型コロナウイルス感染症の流行により経済が低迷する香港では、…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港も日本も新型コロナ…(12/02)

外資系企業、11年ぶりに減少 コスト重荷か、本土系が存在感(12/02)

トラベル・バブル、年内の実施見送り(12/02)

新たに82人感染、域内で72人=計6396人(12/02)

10月小売売上高8.8%減、改善傾向続く(12/02)

小売業界、第4波と賃金補助終了の影響懸念(12/02)

反発、本土経済統計の好調受け=香港株式(12/02)

老舗旅行代理店の永安旅遊、120人を解雇へ(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン