韓国電力、海外の石炭火力発電事業から撤退

韓国電力公社は28日、海外の石炭火力発電事業の新規受注を行わない方針を発表した。与党議員が、公共機関による海外の石炭火力発電事業への参画を原則禁止する法案を国会に提出したことなどに対応した措置。今後は、再生可能エネルギーやガス複合など低炭素・環境配慮型事業の開発…

関連国・地域: 韓国ベトナムインドネシアフィリピンアフリカ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ア太平洋からの誘致増に活路 後発3カ国、RCEPで開放前進(12/01)

テイクオフ:韓国でついに運転免許を…(12/01)

LGが系列5社分離で新会社 来年5月、経営権の継承完了へ(12/01)

コロナ感染者、2日連続で400人台(12/01)

マヒンドラ傘下の双竜、出資協議が難航(12/01)

斗山ビナ、ジェマリンク港にクレーン納入(12/01)

中小の週52時間制、年末で猶予期間終了(12/01)

AI国家戦略から1年、政府が成果アピール(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン