• 印刷する

GE、南部主要火発と5年間のサービス提携

米ゼネラル・エレクトリック(GE)の現地法人、GEベトナムが26日、国営ベトナム電力グループ(EVN)傘下の第3発電総公社(EVNGENCO3)と南部発電所への部品およびサービス供給の継続で合意した。契約期間は5年間。27日付ベトナム・ニュース(VNS)電子版が伝えた。

バリアブンタウ省のフーミー2.1とフーミー4火力発電所(計3,900メガワット、MW)のガスタービンと蒸気タービンを組み合わせた「ガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)」発電設備に関する部品供給と点検・修理・保守などオンサイトサービスを手掛ける。フーミー火力発電センターにある同2カ所は、国内発電の約10%を占めている。

同日にはこのほか、GEのベトナム電力セクターにおける人的資本の開発支援の一環として、EVNGENCO3の従業員に対する技術指導などで協力覚書を締結した。

GEは、ベトナム国内に電力需要の最大27%に相当する発電設備容量を有し、これまでに、ガスタービン25基、蒸気タービン7基を納入しているという。


関連国・地域: ベトナム米国
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

フック首相ら、バイデン氏に祝辞(18:14)

有望国、越が7年連続首位 中国も人気根強く=中小企業調査(12/02)

【月次リポート】自動車ニュース(11月) 中国、25年に新エネ車20%目標に(12/02)

ホーチミン市、2人の市中感染を報告(12/02)

統一鉄道、中部ケネット峠区域を改良へ(12/02)

ホーチミン鉄道5号線、韓国コンサル選定へ(12/02)

FIDECO、ホーチミン市にオフィスビル(12/02)

外資系企業の11%、事業縮小を検討=調査(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン