鉄鋼ブルースコープ、上期30%増益予想

オーストラリアの鉄鋼最大手ブルースコープはこのほど、2020/21年度上半期(20年7~12月)のEBIT(利払い・税引き前利益)が約3億4,000万豪ドル(約254億円)となり、昨年度の下半期(20年1~6月)から30%増えるとの見通しを明らかにした。建設市場からの需要が大きく伸…

関連国・地域: オーストラリア米国
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:友人の車に乗ると毛布が…(11/27)

ワクチン未接種なら14日隔離 海外からの入国者に義務付け(11/27)

WA、2大州への州境開放まだ確約せず(11/27)

NSW州、年始にオフィス出勤が本格再開か(11/27)

キリン豪乳業の売却先、乳業大手ベガに決着(11/27)

三菱重、SAの水素事業会社にマイナー出資(11/27)

豪産石炭貨物船、60隻以上が中国入港できず(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン