• 印刷する

24年に世界最大ハラル生産拠点に=副大統領

マアルフ副大統領(中央)は、2024年にインドネシアが世界最大のハラル製品生産拠点を目指すと表明した(内閣官房提供)

マアルフ副大統領(中央)は、2024年にインドネシアが世界最大のハラル製品生産拠点を目指すと表明した(内閣官房提供)

インドネシアのアミン・マアルフ副大統領は24日、2024年に世界最大のハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)製品の生産国になる目標を明らかにした。国営アンタラ通信などが同日伝えた。

副大統領はこの日、首都ジャカルタの副大統領宮殿から発信したオンライン形式のセミナー「世界のハラル製品供給拠点の実現に向けて」終了後の会見で、「インドネシアのイスラム教徒は国民の9割近くを占め、ハラル製品の生産拠点としても消費市場としても有望だ」と述べた。

政府によると、世界のハラル製品市場でのインドネシア製品のシェアは現在4%以下にすぎない。政府がハラル製品の生産拠点としてハラル工業団地の開発を後押しする姿勢を示しており、スリ財務相は同工業団地の開発業者に対してタックスホリデー(法人所得税一時免税措置)などの税制優遇や通関手続きなどの利便性といった優遇措置を提供する考えを明らかにした。

政府が現時点でハラル工業団地として認可を付与したのは2カ所。ジャカルタ西郊のバンテンセラン県のモデルン・チカンデ工業団地と国内第2都市である東ジャワ州スラバヤの近郊シドアルジョ県にあるセーフ・N・ロック工業団地だ。

地元メディアによると、この他に少なくとも4カ所の工業団地が認可を申請中。これらは、リアウ諸島州のビンタン工業団地とバタミンド工業団地、中カリマンタン州のスルヤボルネオ工業団地、ジャカルタのプロガドゥン工業団地。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅近くの商業施設にあ…(12/01)

【加速するスマートシティー(2)】首都圏中心に開発進む インドネシア、新興企業と提携も(12/01)

パーム油価格は来年も高水準 業界予測、土地問題解決にも期待(12/01)

西ジャワ州5地域の行動制限、23日まで延長(12/01)

OSセルナジャヤ、ジャカルタ事務所を移転(12/01)

ワクチンと関連品の輸入に免税措置(12/01)

医療用マスクの輸入価格、5カ月で80%下落(12/01)

グラブ、SNSなどで二酸化炭素削減を推進(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン