• 印刷する

AD措置を仮決定、米欧韓の合成ゴム

中国商務省は23日、米国、欧州連合(EU)、韓国から輸入される合成ゴムのEPDM(エチレンプロピレンジエンゴム)に対し、反ダンピング(不当廉売、AD)関税を課す仮決定を発表した。ダンピング行為が存在し、国内産業が実質的な損害を受けたと仮判断した。

各社のダンピングマージンに応じた保証金を28日から税関で徴収する。保証金比率は米企業が214.9~222.0%、EU企業が14.7~31.7%、韓国企業が12.5~24.5%。関税番号の40027010、40027090に分類される該当品目が対象となる。

同製品の中国大手である中国石油天然ガス吉林石化と上海中石化三井弾性体が昨年5月、業界を代表してAD調査の実施を商務省に申請し、同省は同年6月から調査を開始した。当初は今年6月19日までに調査を終了する予定だったが、同省は「状況が複雑なため」として調査期間を半年間延長していた。

EPDMは耐候性や耐オゾン性などに優れ、建築、自動車、交通などの分野で広く用いられている。


関連国・地域: 中国-全国韓国米国欧州
関連業種: 化学その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

脱貧困で「重大な勝利」、習総書記が宣言(12/04)

義隆電子がMCU値上げ、来年1月から(12/04)

首都ーバンビエン高速道、年内には開通へ(12/04)

【6000号特集】感染発覚から1年 コロナ禍、写真とともに振り返る(12/04)

【6000号特集】往来で相互理解深まる 上海日本商工クラブ・石原至理事長(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

【6000号特集】コロナ禍からの回復進む中国経済 みずほ銀行・細川美穂子主任研究員(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン