果物輸出協会、ヤンゴンで移動販売を計画

ミャンマー果物・野菜生産者協会(MFVPA)は最大都市ヤンゴンで、車両を使って移動しながら青果を販売する仕組みづくりを進めている。新型コロナウイルスの影響を受ける販売業者の収入源確保を支援するのが狙いだ。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(電子…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 食品・飲料農林・水産小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

新たに1330人の感染確認=25日夜(11/26)

双日、農村デジタル化で調査 通信塔周辺で教育や医療など(11/26)

新たに1700人余の感染確認=24日夜(11/26)

車両登録と免許の期限切れ、道路局が容認(11/26)

レンタカーの米エイビス、事業拡大へ投資(11/26)

タイの貨物トラックの入国再開、ミャワディ(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン