【新ラオス法】第21回・土地法の改正について(第2回)

前回に続く第2弾ですが、ラオスでは建物を登記する制度が存在せず、土地権原書には建物の存在が記載されることもありません。しかしながら、ラオスでは近年急速にコンドミニアム(分譲マンション)の開発が進んでいることから、今回施行された改正土地法において初めて「コンドミ…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス中国鉄道が12月開通、貿易拡大に期待(10/20)

ホテルで新型コロナ患者収用へ、政府方針(10/18)

14日は感染者651人、1人死亡確認(10/15)

シノファーム製ワクチン、100万回分が到着(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン