• 印刷する

ATN、南北通勤鉄道で石材供給

不動産開発、鉱業、エネルギー事業などを手掛けるフィリピンの持ち株会社ATNホールディングスは19日、マニラ首都圏と郊外を結ぶ南北通勤鉄道の延伸事業の第1期で線路石などの石材を供給すると発表した。9月から供給を開始した。

ATNはリサール州ロドリゲスに面積254ヘクタールの採石場を保有し、生産能力は1時間当たり500トン。石材埋蔵量は6,613万2,000トンで、推定価値は約650億ペソ(約1,400億円)に上る。

南北通勤鉄道の総延長は163キロメートルで、パンパンガ州クラーク国際空港―ラグナ州カランバ間を結ぶ。第1期は三井住友建設や大成建設が各区間の建設を請け負い、昨年に着工している。第2期は地場建設大手メガワイド・コンストラクションのコンソーシアム(企業連合)らが受注した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

水際強化、PCR陰性証明義務付け(08:29)

日本の牛丼、比市場攻略へ 価格訴求高く、制限緩和にも期待(12/03)

成人への追加接種、3日から開始(12/03)

新型コロナ、新たに564人感染(12/03)

主要インフラ事業、現政権下での完了は18件(12/03)

南北通勤鉄道、来年に一部完工見通し(12/03)

国際線予約が一転再開、邦人帰国に対応へ(12/03)

宅配フラッシュ、フィリピンでサービス開始(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン