中央銀、「向こう半年は1米ドル=28元台」

台湾中央銀行の楊金龍総裁は15日、「台湾元の対米ドルレートは向こう半年から1年の間、28元台が常態化する」との見解を示した。元高ドル安の状態が来年も続くとの見方で、輸出企業には独自の対策を呼び掛けた。16日付経済日報などが伝えた。 立法院(国会)財政委員会での発言。…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

雄獅がサラダ専門店、5年で売上高10億元(12:33)

新型コロナ感染者、543人に(15:26)

テイクオフ:週末に自宅近くのコスト…(10/20)

7割が中国に追加投資せず 工総の企業調査、コロナが打撃(10/20)

中国での資産譲渡に新規制、回帰投資阻害か(10/20)

鴻海と和碩、iPhone生産要員確保で奨励金(10/20)

台湾PCBの20年資本的支出、1千億元超へ(10/20)

台湾のサーバー出荷比率、下期に9割回復へ(10/20)

元太科技、「今年は最も大きな成長遂げる」(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン