• 印刷する

テイクオフ:キャンベラに行くために…

キャンベラに行くためにシドニー空港でチェックインしようとすると、「そのフライトはキャンセルですよ」と言われて、ぼう然とした。いやいや聞いていない!と悪あがきしたが、後の祭りだ。こちらには全く連絡が来ていなかった。

取るもの取りあえず別便に乗り換えたが、当地の日程を大幅に変更せざるを得なかった。その翌朝、シドニーに帰るためにキャンベラ空港でチェックインしようとすると、今度は「そのフライトは1時間早まったのを知ってました?」と言う。いやいや聞いてない!と、また身構えた。すると「でもあなたはラッキーだ。フライトが1時間遅れているから」と言う。これでちょうど、想定していたフライト時間と同じになった。

モリソン首相、オーストラリア全土に、精緻を極めた技術の日本の高速鉄道はいかがですか。正確なマネジメントもお付けします。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:大学で地質学を専攻して…(10/20)

外資投資厳格化、来年1月から 安全保障問題の定義に懸念も(10/20)

豪住宅への外国投資、コロナ前に既に11%減(10/20)

商業不動産債券、ノンバンクがシェア拡大へ(10/20)

ウエストパック銀、中国などアジアから撤退(10/20)

〔政治スポットライト〕アジア太平洋国力評価、豪6位・NZ13位(10/20)

NSWが飲食店規制緩和、VICは不満噴出(10/20)

郵便シングポスト、豪物流企業に38%出資(10/20)

豪地方部の観光業が活性化、都市部はまだ(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン