• 印刷する

日本工営、バングラの商業港開発を受注

バングラデシュで23日に、契約の調印式が行われた(日本工営提供)

バングラデシュで23日に、契約の調印式が行われた(日本工営提供)

日本工営は29日、バングラデシュのマタバリ港の開発事業を受注したと発表した。同事業は日本政府の有償資金協力を通じて、中・大型船の受け入れが可能な多目的商業港を整備する内容。日本工営を含む4社から成る共同事業体が、商業港の詳細設計や入札支援、施工監理を担う。

建設地はバングラデシュ南東部のチッタゴン管区コックスバザール県マタバリ地区で、船舶省傘下のチッタゴン港湾庁から受注した。総事業費は860億円。契約額は共同事業体が22億6,000万円、うち日本工営が約14億5,000万円。

整備する多目的商業港の水深は16メートルで、2025年末の完成を予定する。完成後の貨物取扱量は、コンテナが年間70万TEU(20フィートコンテナ換算)、一般・バルク貨物が年間180万トンとなる。

共同事業体は日本工営が幹事を務める。サービス期間は今年10月から26年11月まで。

日本工営はバングラデシュで、ハズラット・シャージャラール国際空港拡張事業、ダッカ都市交通整備事業(6号線、1号線、5号北線)、全国送電網整備事業など20件以上のプロジェクトを実施中。


関連国・地域: インドバングラデシュ
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:北部グルガオンに本拠を…(10/28)

祭事期のEC取引額3割増へ コロナで弾み、65億ドルの予測(10/28)

11月の封鎖解除、10月の措置を継続(10/28)

米ハーレーの販売、同業ヒーローが引き継ぎ(10/28)

二輪バジャジ、7~9月は減収減益(10/28)

デリー交通公社、保有地開発で建設公社と連携(10/28)

ジェットエア、会社法法廷に再建案を提出(10/28)

エアアジア、20年3Qの乗客数は437万人(10/28)

返済猶予中の複利、11月5日までに返還へ(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン