20年成長率はマイナス7%、経済団体予測

香港の有力経済団体の一つ香港中華廠商聯合会(CMA)は24日、2020年の香港の実質域内総生産(GDP)成長率がマイナス7%前後になるとの見通しを発表した。21年の成長率は2~3%とプラス成長を回復すると予測しながらも、「新型コロナウイルス感染症流行前の水準は望めない…

関連国・地域: 中国香港米国
関連業種: 医療・医薬品観光マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

新たなコロナ感染者4人、域内感染は1人(10/23)

新たに5人がコロナ感染、累計は5289人(19:52)

「解雇のドミノ」警戒高まる キャセイの削減計画、衝撃大きく(10/23)

香港航空、全社員の給与引き下げへ(10/23)

新たに11人感染、域内例1人=計5280人(10/23)

9月の総合CPIは2.2%下落、下げ幅拡大(10/23)

デジタル元の越境決済、香港政府も協力検討(10/23)

5日続伸、本土銀行株に買い=香港株式(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン