アマゾン、新たにインドの4言語に対応

インターネット通販大手の米系アマゾン・インディアは22日、インドの4言語をウェブサイトで使用可能とした。対応言語は、英語とヒンディー語を合わせて計6種類となる。民放NDTVなどが伝えた。 新たに追加されたのは、カンナダとマラヤラム、タミル、テルグの4言語で、主に…

関連国・地域: インド米国
関連業種: 食品・飲料IT・通信小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:主に東南アジアなどで栽…(10/21)

不良債権比率2桁に上昇へ 中銀対策で抑制も、貸渋り懸念(10/21)

鴻海、ブラジルとインドで新iPhone生産か(10/21)

ホンダ二輪、初の中型バイク「CB350」出荷(10/21)

地場2社、西部にテレビ・エアコン工場(10/21)

インド初の高速鉄道、グ州はL&Tが建設へ(10/21)

ADB、西部州の主要道整備に1.7億ドル融資(10/21)

国内初の複合物流基地、アッサム州で開発(10/21)

西ベンガルの倉庫面積拡大、米社が予測(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン