• 印刷する

医療システム早晩崩壊か、病院が最大感染源

インドネシアの医療機関で新型コロナウイルスの感染症に罹患(りかん)する医療関係者が急増している。政府の新型コロナウイルス緊急対策本部(タスクフォース)によると、病院が国内最大のクラスター(感染者集団)であり、それに伴って看護師など医療関係者の陽性者数は増えている。タスクフォース関係者は、国民のコロナに対する意識が弱く、現状のままでは早晩に医療システムが崩壊すると警鐘を鳴らした。

東ジャワ州マランのコロナ隔離施設で人工呼吸器の装着を訓練する医療関係者(アンタラ通信)

東ジャワ州マランのコロナ隔離施設で人工呼吸器の装着を訓練する医療関係者(アンタラ通信)

タスクフォースのウィク・アディサスミト報道官は22日、病院がクラスターの一つと化していると指摘した。今月12日時点の統計で、病院、地域社会、オフィスがクラスターの発生源となっており、特に病院だけで2万4,400件の感染例が確認された。地域社会(感染例1万5,133件)、オフィス(同3,194件)を上回っていると明らかにした。

インドネシア全国看護師協会(PPNI)のハリフ・ファドヒラ会長は22日、ジャカルタ特別州、東ジャワ州、南スラウェシ州、バリ州の4州だけで看護師3,000人近くが新型コロナ陽性だと確認されたと明らかにした。うち少なくとも85人が死亡した。

ジャカルタ・グローブによると、ジャカルタだけで1,629人の看護師がPCR検査で陽性反応を示し最多。東ジャワで844人、南スラウェシで350人、バリで156人だった。

ハリフ会長は「全土の統計を取れば、その数字はさらに数千以上大きくなる」と話した。その上で、政府がコロナ陽性者の割合が全国の3割を占めるジャカルタ首都圏で、医療機関関係者への無料定期検査を実施することを歓迎した上で、早急に他州へも拡大するよう求めた。

インドネシア医師会によると、これまでに全国で医師117人が新型コロナウイルスの感染症で死亡している。

■コロナへの意識改善が必要

ジャカルタ・ポストによると、タスクフォースで医療ボランティアの調整役を務めるジョセップ・ウィリアムズ氏は、国民の間で衛生規律に対する認識が依然として低いと強調。「(衛生規律の)意識を高めなければ、医療システムは機能しなくなる」と述べ、医療崩壊の可能性が高まっていると危機感を示した。国内の医療機関は新型コロナウイルス感染症対策で既に逼迫(ひっぱく)しており、もし崩壊すれば、新型コロナの克服は困難になると付け加えた。

その上で「衛生規律を順守し、密を避けて社会的距離を取り、マスクの着用と頻繁な手洗いをすることでコロナ感染症を予防して、感染者数の増加を防ぐことが医療システムを安定化させるために必要だ」と訴えた。

タスクフォースのウィク報道官も「オフィスや工場でもクラスターが発生しているのは、衛生規律の順守に対する意識が依然として希薄であることを示している」と述べ、順守に向けた取り組みを強化する必要があると述べた。

保健省が実施した調査によると、国民の間では新型コロナの存在を信じなかったり、感染防止のために設けられた衛生規範の順守への反発が依然として多いという。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「会員ポイントの獲得方…(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

トリニタンがニッケル製錬 日系と合弁、低品位鉱も加工(10/27)

駐日大使にヘリ・アフマディ氏が就任(10/27)

国内鉄鋼産業の稼働率、40~50%まで回復(10/27)

鉄鋼生産量、最大2000万トンに=中国社(10/27)

首都圏の高速道路6区間、年内に開通(10/27)

ユニリーバ現法、3Qは増収減益(10/27)

国内最大の太陽光発電所、12月に起工式(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン