全国送電社のインフラ整備、コロナ禍で遅れ

フィリピンで送電事業を手掛ける民間企業のフィリピン全国送電社(NGCP)は22日、新型コロナウイルスの影響で送電インフラ整備事業の進行が遅れていることを明らかにした。23日付マニラタイムズなどが伝えた。 対象事業には、ビサヤ、ミンダナオ両地方の電力系統を接続する「…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国人はどこへ消えた―…(04/15)

コロナの致死率5%超え マニラ首都圏、感染拡大で3倍に(04/15)

新型コロナ、新たに8122人感染(04/15)

比人帰国者の隔離徹底を、政府に要請(04/15)

ウデンナ系、ディトのデータセンター着工(04/15)

メガワイド、南北鉄道第2期を6月着工(04/15)

ウデンナのガス田権益取得、エネ省が承認(04/15)

アヤラ系物流、冷凍設備を4億ペソで取得(04/15)

メガワールド、20年のオフィス需要堅調(04/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン