中銀改革、投資家・格付けに影響も=S&P

大手格付け会社の米S&Pグローバル・レーティングは18日、インドネシア中央銀行の独立性を巡る国会審議の動向について、投資家は注視しており、ソブリン格付けへの影響を避けるためにも中銀の改革には慎重に対応する必要があるとの認識を示した。ロイター通信が伝えた。 S&…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルス感染…(10/21)

【この人に聞く】太陽光発電の需要9倍に リーススタートアップのスルヤ(10/21)

首相、5百億円借款を供与 対コロナで(10/21)

首脳会談も透明板越し 二重防護で飛沫防止(10/21)

第2次ジョコ政権が1年、経済政策で後退も(10/21)

9月の新車販売確定値、48%減少(10/21)

9月の生産台数は6万台、前月から倍増(10/21)

グラブ、首都で電動バイクを試験運用(10/21)

三菱自、エクスパンダー限定2モデル発表(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン