米VC、現地拠点を東南アジア統括に格上げ

米国のベンチャーキャピタル(VC)ライトスピード・ベンチャー・パートナーズは、同社のシンガポール拠点を東南アジア統括拠点に格上げする。新型コロナウイルスの流行が域内イノベーション(技術革新)を加速させており、投資機会が増えていることが背景にある。 シンガポール…

関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

TDKが子会社設立、アジアで事業拡大(10/30)

個別化医療のアバタメッド、韓国企業と提携(10/30)

サービス業景況感、4期連続でマイナス(10/30)

国立大病院運営社、医療系のVCファンド設立(10/30)

英国企業の大半が移転の予定なし、商議所(10/30)

製造業景況感、2期連続回復もマイナス圏(10/30)

コロナで事業のデジタル化加速 東南アジア、零細事業者も導入(10/30)

中小企業の7割、データ解析活用せず(10/30)

9月輸出14%増、黒字は過去2番目の高水準(10/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン