• 印刷する

テイクオフ:数日に一度、夜の10時…

数日に一度、夜の10時すぎになるとスマホが振動する。「あしたの朝の準備、ちゃんとできてますか?」。利用している食品配達アプリからのメッセージだ。翌朝に配達する商品の注文を締め切る時間が近づくと、リマインドとして送られてくる。

これがなかなか効果がある。そういえば、紅茶がなくなりそうだ。ついでに牛乳も買っておこう――アプリ画面に踊る宣伝文句につられ、購入ボタンをクリックしてしまう。

ただ最近になって、翌朝の心配をする必要がなくなった。注文したその日に商品を届ける短時間配達サービスが登場したからだ。最も速いアプリなら45分以内に配達される。近所の食品店が商品を袋詰めし、近くにいる登録ドライバーがピックアップして客のもとへ届けるシステムらしい。「あなたの商品は到着しました。(玄関に)取りに来てください」。アプリのメッセージに今はせかされる日々だ。(成)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

今後1年はルピー安基調 収支悪化影響、MUFGセミナー(09/25)

米ハーレー、インドでの生産終了(09/25)

三井物産と日本曹達、農薬企業に出資(09/25)

楽天、印IT大手とネットワーク展開で提携(09/25)

アップルのオンラインストア、23日に開設(09/25)

ホンダ、自動車の仮想ショールーム開設(09/25)

MGモーター、SUV「グロスター」を発表(09/25)

メルセデス、6~8月のネット販売は500台(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン