【ウィズコロナ】コロナ禍で共有オフィス堅調 企業の拠点分散、需要を後押し

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、韓国で、コワーキングスペース(共有オフィス)の需要が高まっている。「三密」を避けるために企業がテレワークの導入を進めるなど、拠点の分散需要の拡大が背景にある。コロナ禍で衛生面の不安から共有経済(シェアリングエコノミー)の行…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 建設・不動産サービス


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:白ご飯と白菜キムチとキ…(05/13)

韓国の「脱石炭火力」に波紋 新規発電所、資金計画に狂いも(05/13)

27日からワクチン接種再開 外国人も対象、供給遅れ不安依然(05/13)

4月の乗用車販売26万台 前月比で10%減、第2波打撃(05/13)

コロナ新規感染者、4日ぶりの600人台(05/13)

市中感染82人増、日韓含むメーカーも(05/13)

4月就業者65万人増、6年8カ月ぶり高水準(05/13)

韓国大使館など、隔離期間の短縮を要請(05/13)

外国人労働者の労働時間、週平均50時間(05/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン