【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(7月) コアインフレ率4カ国で減速、シンガポールは下落幅拡大

東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国の2020年7月の消費者物価指数(CPI)上昇率は、5カ国で前月から加速した。ベトナムは、電気・水道の需要拡大などを背景に前年同月比3.4%となった。一方、食品やエネルギーなど政府の政策の影響を受けやすい項目を除いたコアインフ…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

MICE市場、23年には正常化=業界団体(15:06)

SIAエンジ、仏社からエンジン試験を受注(14:50)

日立金属、科技研の共同研究に7億追加投資(13:55)

テイクオフ:にわかに注目を集めてい…(12/06)

アフリカ10カ国から渡航禁止 オミクロン警戒、検査体制も強化(12/06)

10月の小売業売上高、2カ月連続プラス(12/06)

高リスク12カ国追加、乗り継ぎ客の検査強化(12/06)

11月の製造業PMI、好況水準も軟調傾向(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン