ラオス電力公社と中国送電企業、合弁設立

ラオス電力公社(EDL)と中国の送電会社、中国南方電網(CSG)は1日、ラオスで合弁会社エレクトリシテ・ドゥ・ラオス・トランスミッション・カンパニー(EDLT)を設立することで合意した。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が4日伝えた。 EDLTは今後、20億米ドル…

関連国・地域: 中国ラオス
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス中国鉄道が開通、「債務のわな」懸念(12/05)

中老鉄路、旅客向けの利用規約を公表(12/03)

2日はコロナ感染1333人、死者8人(12/03)

中老鉄路が3日開通、運賃など発表(12/02)

1日はコロナ感染1425人、死者8人(12/02)

ラオスと首脳会談、コロナ対策などで協力(12/02)

コロナ対策委、新変異株への警戒呼び掛け(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン