• 印刷する

《日系進出》阪急阪神エクスプレスが新拠点

阪急阪神エクスプレス(大阪市北区)は8月31日、マレーシア・パハン州の州都クアンタンに拠点を開設すると発表した。同国で8カ所目の拠点で、マレー半島東海岸では初となる。

現地法人、阪急阪神エクスプレス・マレーシアがきょう9月1日、クアンタン港に近いゲベン工業団地内で、海上輸出入貨物を中心に取り扱う事務所の営業を開始する。倉庫の面積は5万8,000平方フィート(約5,388平方メートル)。

阪急阪神エクスプレス現法のクアンタン事務所外観(阪急阪神エクスプレス提供)

阪急阪神エクスプレス現法のクアンタン事務所外観(阪急阪神エクスプレス提供)

阪急阪神エクスプレスの担当者はNNAに対し、インドネシアから部品を輸入し、完成車を輸出する日系大手自動車メーカーによるノックダウン(KD)部品の輸入全般をサポートすると説明した。このほか、税関に近い立地を生かし、同工業団地に進出する日系企業をターゲットに通関業務を含む地域密着型のサービスを展開する。

同担当者によると、航空系の日系フォワーダーが、地場企業の買収ではなく独自に東海岸に進出するのは初めて。素材系などの日系企業が進出する同工業団地で、航空・海上フォワーダー、倉庫業務で需要を開拓する意向を示した。

阪急阪神エクスプレス・マレーシアは、1994年4月に首都クアラルンプールに本社を設立。クアンタン事務所のほか、ペナン州ペナン島とジョホール州ジョホールバルに支店、クアラルンプール国際空港(KLIA)、ペナン州バターワース、スランゴール州クラン港、ジョホール州パシルグダンに事務所を展開している。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

外国人労働者向けウオークイン接種が再開(09/24)

国内観光、来月にも本格再開か 州をまたぐ移動の解禁に期待(09/24)

新規感染1.38万人、累計215.7万人(09/24)

20年の外国人旅行者数、83.5%減の430万人(09/24)

RM1=26.3円、$1=RM4.18(23日)(09/24)

スコミ、オデシと都市型太陽光発電で提携(09/24)

台湾がTPP加入申請、日本産食品禁輸解除も(09/24)

IHH、医療のデジタル化に1億ドル投資(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン