• 印刷する

デジタル税法案、下院委が承認

フィリピン下院歳入委員会は29日、デジタルサービスを提供する国内外の事業者に対し、12%の付加価値税(VAT)を課す「デジタル税」法案を可決した。施行されれば、106億6,000万ペソ(約227億8,000万円)の税収を生み出すことが見込まれている。地元メディアGMAなどが伝えた。

課税対象となるデジタルサービスは、動画や映画、音楽などのデジタルコンテンツの配信サービス、電子商取引(EC)プラットフォーム、オンライン広告サービス、オンラインゲームなど。企業では、米動画配信大手ネットフリックスやシンガポールのEC大手ラザダなどが対象になる見通し。

シャロン・ガリン副議長は「海外のデジタルサービス事業者は、国民から収益を得ている一方で政府に税金を支払っていない。法案は国内事業者との競争条件を公平にするものだ」と説明した。一方、審議されていた法人税は課税されない見込みという。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「上の2人が実の娘で、…(09/30)

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

外出制限、10月も緩和継続 マニラ首都圏、経済再開探る(09/30)

大統領「辞任を提案した」、汚職に憤り(09/30)

コロナ感染新たに2025人、計30万9303人(09/30)

サービス業の全面再開を、貿産相(09/30)

クラーク空港の接続道路、工事入札を開始(09/30)

比経済回復は来年4~6月期以降、フィッチ(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン