500鉱区の公開入札、政府が検討

インド政府は、鉱山・鉱石(開発・規制)法(MMDR法)の保留条項により、生産活動が停止されている約500鉱区について、公開入札を実施する方向で検討している。エコノミック・タイムズ(電子版)が21日に伝えた。 同条項は、鉱区の探査ライセンスを取得した事業者に対して、探…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:西部グジャラート州スー…(09/22)

小売り回復の道のり長く 8月も前年比5割水準、安全が鍵(09/22)

米台がアジアで協力強化へ インフラ建設などに資金支援か(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

米財団とタタ、小規模電力網200カ所完成へ(09/22)

19年度タマネギ輸出、10万トン超で過去最高(09/22)

オープンセルの輸入関税、10月1日から5%(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン