国産種子を中国市場に展開、三井物産

【共同】三井物産は国内の中小種子企業と連合を組み、キャベツやキュウリの種子を中国市場向けに販売する事業に乗り出す。現地の大手種子企業に出資し、栽培環境などに合った品種に改良した上で売り込む計画だ。中国では日本の野菜や果物が人気で、種苗の不正流出を防ぎながら巨大…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

【コロナを超えて】富士ゼロ、越の生産が急伸 21年から北部工場で主力機製造へ(09/24)

テイクオフ:アジアでトップクラスの…(09/24)

全世界から入国再開へ、3カ月以上の滞在者対象(09/24)

東南ア通貨、安定もドン高圧力=三菱UFJ(09/24)

SOMPOが「脱石炭」、保険引き受け原則停止(09/24)

トヨタ、SUV「アーバンクルーザー」発売(09/24)

居留許可保持者、ビザ再取得不要で入国可に(09/24)

8月の新車販売、12%減の6.9万台(09/24)

世界販売50万台視野、電池部品開発へ=米テスラ(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン