• 印刷する

《日系進出》ビート、ジョ州に現地法人設立

ソフトウエア製品・サービスを手掛けるビート・ホールディングス(事業本部:香港)は16日、マレーシア・ジョホール州に新会社ビートチェーン(BCマレーシア)を設立すると発表した。ブロックチェーン(分散型台帳)関連技術の開発拠点およびヘルスケア事業の実働拠点にする。

資本金は20万リンギ(約500万円)で、シンガポールの完全子会社ビートチェーン(BCシンガポール)が100%出資する。設立は今月31日を予定。BCシンガポールは、10月31日までにビート・ホールディングスからの借り入れでBCマレーシアの資本金を50万リンギに引き上げる。

ビート・ホールディングスは、2018年3月に設立した、知的財産権保有とライセンス供与の事業会社BCシンガポールを通じて、非接触型血糖値測定用ソフトのライセンスなどを保有。完全子会社、新華モバイル(XML)を通じ、暗号メッセンジャーソフト「クリプト・メッセンジャー・ウォレット」とブロックチェーン化したソーシャルネットワークサービス(SNS)アプリ「Inou」の著作権を保有している。

BCマレーシアは、BCシンガポールとXMLがそれぞれ保有するソフトの技術開発拠点にすることに加え、血糖値測定用ソフトの市場投入やグループのヘルスケア事業のための中核拠点として活用していく。

ジョホール州を選定した理由は、クリプト・メッセンジャー・ウォレットとInouの開発を委託した、オウケイウェイヴ(東京都港区)の子会社OKブロックチェーン・センターがジョホール州に本拠を置き、協力関係の強化が期待できるからだ。このほか、当地にはマレーシア工科大学(UTM)があり、技術者育成や人材確保の適地とみている。


関連国・地域: 香港マレーシア日本
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

7月新車販売、上位は急回復 首位プロドゥアは単月で今年最多(08/07)

タンチョン、越で日産2車種の販売終了へ(08/07)

日本電気硝子、医薬用管ガラスの生産増強(08/07)

RM1=25.2円、$1=4.19RM(6日)(08/07)

外国人労働者数把握で特別委、首相指示(08/07)

外国人の不法滞在、反則金徴収へ(08/07)

リサイクル率、25年までに40%目標(08/07)

東海岸をラテックス生産地帯に、ゴム委計画(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン