• 印刷する

東南ア企業の8割、2年以内に事業売却検討

大手会計事務所の英アーンスト・アンド・ヤング(EY)が発表した企業の事業売却に対する意欲度調査で、2年以内に事業の売却を検討している東南アジアの企業は約8割となり、新型コロナウイルス感染症が流行する前から上昇した。デジタルトランスフォーメーション(DX)への投資資金を確保することなどが主な目的だ。

調査は、2019年11月から20年1月と、同年4月から5月の2回に分けて実施。世界の1,000人以上の経営層などから回答を得た。東南アジアの統計には、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムのほか、スリランカが含まれている。

2年以内に事業売却を検討している経営者の割合は、東南アジアで79%。コロナが拡大する前から9ポイント上昇した。世界平均よりも1ポイント高かった。向こう1年間で売却を検討しているのは65%で、世界平均の57%を上回った。

売却目的では、DXへの投資資金を確保するほか、ポートフォリオを最適化するとの回答が目立った。先々の事業に備えた資金とすると答えた企業も多かった。

EYの東南アジア諸国連合(ASEAN)セル&セパレート部門の共同責任者のアブヘイ・バンギ氏は「東南アジアの企業は、ポートフォリオの最適化やコロナ後の成長のために事業を売却しようとする意欲が高いようだ。またニューノーマル(新常態)に備えてビジネスモデルを再構築するために、特にデジタル化を促進する新しい技術への投資に関心を向けている」と分析した。


関連国・地域: シンガポールASEAN
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ECソフトのアンチャント、13億円調達(08/15)

防衛STエンジ、1~6月期は4%減益(08/15)

新規感染81人、計5万5661人(15日)(08/15)

新規感染83人、市中感染はゼロに(14日)(08/15)

日本との往来制限、9月に緩和 両外相が2つの枠組みに合意(08/14)

金融技術革新に2.5億Sドル拠出=当局(08/14)

DBS銀、建設業向け自動決済システム導入(08/14)

港湾アダニ、シンガポール新会社を設立(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン