ワクチン囲い込み過熱、実用化前から獲得競争

【ワシントン共同=斎藤香織】新型コロナウイルス感染症のワクチン開発が進む中、実用化前から世界の獲得競争が過熱している。欧米諸国は11日までに、有力候補の開発企業への巨額の支援と引き換えの供給量確保を表明。国際協力を重視してきた日本も企業と交渉を始めた。価格が高騰…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

新幹線方式の高速鉄道、開業は最短で24年か(11/27)

中華汽車とゴゴロ、バッテリー交換で提携(11/27)

無印良品、越1号店オープン 東南アで最大、ハノイ出店も計画(11/27)

日本政府、海洋プラごみ対策に3.1億円支援(11/27)

東京ガスが総額100億円出資 地場精製2社に、過去最大規模(11/27)

テイクオフ:菅義偉首相が10月に初…(11/27)

原田産業、「代替肉」をベトナム投入へ(11/27)

ジョ州国境鉄道の国内工事、五洋建設に発注(11/27)

ジェトロ、日本産酒類の香港販売を支援(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン