石炭火力100基休廃止へ、「脱炭素」

【共同】政府が二酸化炭素(CO2)を多く排出する非効率な石炭火力発電所を2030年度までに段階的に休廃止する方向で調整に入ったことが2日、分かった。国内にある114基の非効率石炭火力のうち9割弱に当たる100基程度が対象となる見通し。地球温暖化対策の観点から欧州を中心に…

関連国・地域: 日本
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【コロナを超えて】ファミマ、「質」磨き売上増 コロナで来店者減も客単価は拡大(08/11)

三菱UFJ銀、新興企業向け融資で新会社(08/11)

北部3州で感染ゼロから拡大 1人から45人、今後も増加か(08/11)

7月新車卸売り台数が9割増 前月比、在庫調整一段落し急増(08/11)

メコン地域の物流調査、貨物への影響軽微(08/11)

新潟の半導体工場売却へ、米オン・セミコンダクター(08/11)

ホンダ四輪、7月小売りは前月比62%増(08/11)

新型ミラーレス相次ぎ投入、動画撮影を強化(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン