コロナ禍でIPO低調、今後は復調か

シンガポール取引所(SGX)での新規株式公開(IPO)が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で低調だ。今年1月~6月26日のIPOは6件で、前年同期の8件を下回り、調達額も大幅に減少した。ただ、今後は増えると目されている。 今年に入ってからのIPOは、不動産投資信…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米インテグリス、積層造形の研究所設立へ(17:02)

新規感染295人、計5万3346人(4日)(17:00)

米フィンテック企業、ア太平洋拠点設置へ(16:30)

6月の外国人入国者2千人、前月からは回復(16:21)

賃金ガイドライン、コロナ禍で見直しへ(15:59)

テイクオフ:新型コロナウイルス感染…(08/04)

海外感染の「第3波」に警戒 コロナ対策、ウエアラブル義務化(08/04)

隣国往来、7日隔離で二の足 マレーシア人は費用負担にも不安(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン