コロナ禍でIPO低調、今後は復調か

シンガポール取引所(SGX)での新規株式公開(IPO)が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で低調だ。今年1月~6月26日のIPOは6件で、前年同期の8件を下回り、調達額も大幅に減少した。ただ、今後は増えると目されている。 今年に入ってからのIPOは、不動産投資信…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

香港との往来再開、高確率で延期=運輸相(16:54)

チャンギ空港と隣接商業施設、一般立入禁止(16:04)

在宅勤務義務・店内飲食禁止、16日から(14:14)

ベトナムからの入国規制強化、感染拡大で(13:26)

ECラザダを公式パートナーに 大型セール、コロナ下での拡販へ(05/14)

米衣料品大手VF、ア太拠点を香港から移転(05/14)

外国人労働者の入国制限、当面は継続(05/14)

シンガポール航空、成田経由LA線を再開(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン