• 印刷する

米投資会社KKR、比発電大手株12%取得

米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)は6月29日、フィリピン発電大手ファースト・ジェンに対する株式公開買い付け(TOB)が完了し、同社株の約11.9%を取得したと発表した。

取得額は96億ペソ(約208億円)。当初は発行済み株式のうち6~9%の取得を目指していたが、応募が予想を上回り、最終的に約11.9%を取得した。

KKRは5月、シンガポール子会社のバロラス・アジア・ホールディングスを通じ、ファースト・ジェンへのTOBを開始した。1株当たりの買い取り価格は22.5ペソ。

ロペス財閥傘下のファースト・ジェンは、フィリピン最大の独立系発電事業者(IPP)。KKRはアジア太平洋地域のインフラ事業への投資を拡大する戦略に沿って、ファースト・ジェンへの出資を決めた。


関連国・地域: シンガポールフィリピン
関連業種: 金融電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、476人に(19:55)

テイクオフ:学生のころ、将来何を学…(08/04)

厳格規制でも生産維持へ 日系企業、長期化は懸念(08/04)

首都圏などの外出制限、再び厳格化(08/04)

コロナ感染新たに3226人、計10万6330人(08/04)

医療従事者を1万人雇用、手当も手厚く(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン