バッタ襲来で食糧危機懸念、殺虫剤供給遅れ

【共同】アフリカ東部からインドに及ぶ一帯で大量繁殖したバッタの襲来が続き、食糧被害が深刻化している。有数の農業大国を抱える南米でも発生し、世界の食糧事情に影響が出る懸念が拡大。地球温暖化が一因だと指摘する声もあり、国連食糧農業機関(FAO)は「新型コロナウイル…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

通信IPS、現法に2億円増資(07/10)

長瀬産業、東南アジア初の食品素材ラボ開設(07/10)

トヨタがカローラSUV発売 世界初、月間1400台の販売目指す(07/10)

工作機械輸出、6月は34%減 主力が不振、見通しを下方修正(07/10)

テイクオフ:5月末から新型コロナの…(07/10)

広州日本商工会がチャーター便 成田―広州、160人がきょう到着(07/10)

マツダ、クロスオーバーSUVで販売首位(07/10)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

豪日首脳が会談、防衛連携強化 中国を警戒、宇宙関連での協力も(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン