全聯の20年売上高、過去最高の1400億元へ

台湾のスーパー最大手「全聯福利中心(PXマート)」を展開する全聯実業の林敏雄董事長は23日、2020年の売上高が1,400億台湾元(約5,050億円)に達するとの予測を示した。実現すれば前年から約100億元増え、過去最高額となる。新サービスを打ち出すなどして消費者の取り込みを図る…

関連国・地域: 香港台湾欧州
関連業種: 食品・飲料運輸IT・通信小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾で放送されている日…(09/30)

【業界探訪】運動人口の増加が追い風 柏文健康事業の陳兄弟(09/30)

フィットネスクラブの売上高、約130億元に(09/30)

フィットネスクラブ、1年間で13%増加(09/30)

ASUS、台中市とビッグデータ分析(09/30)

20年2Qのモバイル市場、2%減の382億元(09/30)

鴻海、半導体設備グループ会社の持ち株拡大(09/30)

鴻海と国巨、デジタル医療・EVなどで提携(09/30)

台湾EMS3社、インドに9億米ドル投資か(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン