• 印刷する

《日系進出》介護のケア21、11月に子会社設立

介護事業を手掛けるケア21(大阪市)は22日、ベトナムに完全子会社を設立すると発表した。今年11月に設立予定で、現地に介護施設を建設する計画。

「ケア21ベトナム」(仮)をハノイに設立する。資本金は1,500万円の予定で、代表は本社の依田雅社長が兼務する。

同社は2019年9月からベトナムの技能実習生の受け入れを開始している。新会社では介護施設を建設する予定で、立地や社員の数などは未定。入国前の研修や帰国後の介護施設での就労なども含む包括的な事業展開を目指しており、現法設立後は、まずは人材の確保と現地の市場調査、情報収集などに注力する。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 医療・医薬品サービス

その他記事

すべての文頭を開く

【コロナを超えて】エースコック、市況の変化注視 消費の新形態に着目、生活密着へ(08/14)

感染者905人、死者も増加し20人に(08/14)

不動産投資クリード、アンギア株を一部売却(08/14)

二大都市の工業団地、2Qにリース料金上昇(08/14)

ビンG、ゲアン省でショップハウス開発へ(08/14)

韓電の越発電所開発、サムスンなど参加検討(08/14)

ペトロリメックス、自己株1300万株売却へ(08/14)

韓国の建材製造、越中部に床材工場が完成(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン