• 印刷する

電通、eスポーツの国際団体と戦略提携

広告大手の電通は22日、シンガポールに拠点を置く、コンピューターゲームの腕前を競うエレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)の国際団体「グローバルeスポーツ連盟(GEF)」と、戦略パートナーシップを締結した。発展が見込まれるeスポーツ事業を海外で推進するのが狙いだ。

日本eスポーツ連合(JeSU、東京都中央区)によると、eスポーツとは、広義には電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般が含まれ、コンピューターゲームやビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉えることを指す。

電通は今後、GEFと共同で新たなマーケティングプログラムの開発やeスポーツイベントなどを開催する。eスポーツの世界的な普及も目指し、JeSUと連携しながら、ゲームタイトルを企画し、宣伝広報や販売、リリースするゲームパブリッシャーのほか、スポンサー、国際団体などとも協働する。

電通の担当者によると、同社は2018年にJeSUのマーケティング専任代理店に指名されて以来、国内を中心にeスポーツのマーケティング活動などを実施してきた。今回は、これをグローバルに拡大していくことが狙いだという。

GEFは19年12月に設立。中国のIT大手、テンセント(騰訊)がファンディンググローバルパートナーで、JeSUも加盟している。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: IT・通信メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:約5週間ぶりにレストラ…(06/22)

施設の生産性、先端技術で向上 日本へ迫る長寿国に商機(中)(06/22)

首都圏で一般成人向け接種開始 人口の8割、大幅に前倒し達成も(06/22)

【日本の税務】海外赴任時の「納税管理人の届出書」(06/22)

飲食店、コロナ検査義務化へ準備(06/22)

シンガポール航空と全日空の提携、意見公募へ(06/22)

南洋理工大、学士課程に「代替肉」講座開設(06/22)

西部浄水場を大規模改修、スマート技術導入(06/22)

職場への不満、世界最悪水準(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン