アプリの業績55兆円に貢献、アップル

【ニューヨーク共同】米アップルは15日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などのアプリが関わる「経済圏」が、世界で2019年に計5,190億ドル(約55兆7,000億円)の売り上げに貢献したと発表した。社外エコノミストが調査したとしている。 このうち小売りが2,680億ドルと最…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信小売り・卸売り観光


その他記事

すべての文頭を開く

地場小売り、EC重視へかじ 外資とタッグ、イオンは店舗重視(06/22)

テイクオフ:なし崩し的に開催が既定…(06/22)

ドローンサービス拡大の兆し 国営石油傘下、新会社を設立へ(06/22)

【日本の税務】海外赴任時の「納税管理人の届出書」(06/22)

日通、医薬品輸送の適正流通基準認証を取得(06/22)

海外邦人は夏に接種開始へ、一時帰国者対象(06/22)

国営石油、低炭素技術実用へ日系と共同調査(06/22)

シンガポール航空と全日空の提携、意見公募へ(06/22)

接種推進策で世界が苦心、牛・アイドルに銃も(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン