ベトナム産青果6種類、農薬含有で禁輸措置

カンボジア財務経済省傘下の関税消費税総局(GDCE)は、ベトナム産の青果6種類の輸入を禁止すると発表した。農薬の残留が確認されたためと説明している。プノンペン・ポスト(電子版)が15日に伝えた。 禁輸対象となる青果は白菜、ブロッコリー、オクラ、レモン、カボチャ、…

関連国・地域: ベトナムカンボジア
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国営郵便など3者提携、企業の輸出を支援(01/22)

首相、インドにFTA締結の検討を要請(01/22)

首都最大の浄水場建設、月内に着工へ(01/22)

プノンペンSEZ、FTA活用の輸出が増加(01/21)

事業環境改善を促進、現行法改正を政府承認(01/21)

タイから帰国の労働者感染、77人に(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン